焦点距離・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

焦点距離(広角・望遠)について

広角・望遠と言われても最初は解りにくいと思いますが、角度と写真になる面積の関係を理解することで、イメージが掴みやすくなります。

広角(mm表示の数字が小さい)とは、画角(撮れる横幅)が広い
望遠(mm表示の数字が大きい)とは、画角が狭い。

焦点距離(広角・望遠)について


図の赤い線が「広角」
青い線が「望遠」とイメージしてください。

図の1と2の線が、広角と望遠で撮れる範囲の違いになります。
ただし、写真になった際には1と2の幅は一緒になります。
3と4も同様の関係です。

1と2の関係について考えてみると。
例えば山並みを撮した場合。
1の広角では、幅広い山の全景が撮せます。
2の望遠では、山頂などに絞ったピンポイントの写真になります。

3と4の関係で言えば。
3の広角では、遊んでいる子供の全身の写真が撮れます。
4の望遠では、子供の顔の表情のアップが撮れます。

使う焦点距離によって、撮せる物の大きさは変わりますが。
広角と望遠の関係は「画角」と言う事が理解できれば、焦点距離の数字のイメージがしやすくなります。


(広角で撮った海の写真の1、2部分を望遠で撮った物が下の1、2の写真)

広角で撮った物(10mm)
焦点距離(広角・望遠)について


望遠1(250mm)
焦点距離(広角・望遠)について


望遠2(250mm)
焦点距離(広角・望遠)について

焦点距離(広角・望遠)について



撮影場所

より大きな地図で 撮影ポイント を表示

焦点距離とは

焦点距離とは、35mm換算で
○○mmと表示されている物です。

数字が小さければ広角(より広い範囲が撮れる)
数字が大きければ望遠(物を大きくズームして撮れる)
となります。

初心者の方は、○○mmと言われても
どのくらいの範囲が撮れて、どのくらいズームになるか?
を解るのは難しいと思います。

通常APS-Cの場合、30mmぐらいが人間の目と同じように写ると言われています。
30mmより短ければ、自分で見ているよりも広い視野。
30mmより伸びれば、見ているよりズームされて撮れると言う事です。

焦点距離とは


僕はこのサイトで、初心者はまずダブルズームセットを買うと良いと言っています。
レンズを購入する際
「自分の撮影スタイルにあったレンズ」
が一番良いのですが、初心者の方はまず自分のスタイルが解りません。

自分がどの焦点距離をよく使うかをまず理解するには
「使ってみるのが一番解る」
のです。

キヤノンのダブルズームセットであれば、18mmから250mmまで焦点距離がありますので。
自分で使ってみながら
「どの焦点距離でどんな写真が撮りたいな」
と言う事がイメージ出来るようにしていくと、自分の欲しいレンズが定まってくると思います。

またシチュエーション別でも
・室内ではこの焦点距離
・お出かけの時はこの焦点距離
などなど。

例えばお出かけでも
「子供が遊んでいる所を撮りたい」
と言う人と
「花を綺麗に撮りたい」
と言う人では、欲しい焦点距離が全く違うのです。

焦点距離別での撮れ方を経験することで、撮りたい写真にあったレンズを見つけやすくなります。

APS-C換算

35mmをAPS-C(キヤノン)換算/上35mm下APS-C

6.25mm 12.5mm 15mm 17.5mm
10mm 20mm 24mm 28mm

21.875mm 31.25mm 53.125mm 62.5mm
35mm 50mm 85mm 100mm

84.375mm 125mm 187.5mm 250mm
135mm 200mm 300mm 400mm


APS-C(キヤノン)35mm換算/上35mm下APS-C

10mm 20mm 24mm 28mm
16mm 32mm 38.4mm 44.8mm

35mm 50mm 85mm 100mm
56mm 80mm 136mm 160mm

135mm 200mm 300mm 400mm
216mm 320mm 480mm 640mm
焦点距離・カテゴリ内記事
1