一眼レフなのかミラーレスなのか?・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

一眼レフなのかミラーレスなのか?

一眼レフなのかミラーレスなのか?

既存のNEX-7はNEX-6になり、フルサイズミラーレス「α7R」「α7」がNEX-7の上位モデルという感じの位置づけなのかなあと思うこの発売。
CMOSイメージセンサーでSONYダントツなのが強みで、活気づいてるという感じがします。

#TiltShiftGen


さて、今日書きたかったことは
「一眼レフなのかミラーレスなのか?」
という事。

キヤノン・ニコンは一眼レフ
その他メーカーはミラーレス
こういう図式にすでになっていると思うのですがいかがでしょう?

さて、私なども家には一眼レフからミラーレスからコンデジ、はたまたiPhoneもあり
「撮影する道具」は沢山あるんです。
で、どういう物がどういう撮影でという事になると、日常的なちょいとTwitterやFacebookで使うものであればiPhone(まあ携帯)のカメラで十分なんです。
L版程度のプリントでも携帯のカメラで十分です。

さてこうなってしまうと売れなくなるのは低価格帯のコンデジ。
態々カメラを持つ必要もないのですから、売れなくなってしまうのは仕方のないところ。
携帯のカメラでは撮れないような暗所やスピードのある対象物はコンデジでも撮れないからですね。

こうなると各社「売れ筋」を作らなくては困ります。
携帯カメラとは一線を引いたモデルに各社競争するわけです。

こうなると「レンズ」という資産があるため、キヤノン・ニコンの2強の牙城は中々崩せません。
センサーでリードするSONYがSONYらしい製品で対抗するというのが2013年の現状でしょう。
他メーカーは独特の「カメラらしさ」などを売りにしていますが(絵作りの好みはあるでしょうけど)本来の強さということであればキヤノン・ニコン・SONYが生き残りをかける図式かと思います。

で。
「絵作り」という部分は基本好みのメーカーさんがあると思いますのでそこを置いて話しますが。
基本一眼レフなのかミラーレスなのか?
という部分でいえば2013年現在ではまだ「一眼レフ」に軍配が上がると思います。
携帯カメラで撮れないようなものが撮れるようになるという条件でいえばやはり一眼レフですし、コスパも一眼レフのほうが良いからです。

CMOSイメージセンサーが大きければ「綺麗に撮れやすくなる」のですが、撮れない物を撮りやすくなるわけではありません。
撮れないものを撮りやすくなるのは
1、ISO感度
2、シャッタースピード
3、明るいレンズ
だからです。

大きさが気にならるというのはあるかもしれませんが、厳しい環境で撮らない限りは携帯カメラでも十分です。

私の結論では
一眼レフなのかミラーレスなのか?は
一眼レフという答えになります。