キヤノンEOS 6Dのニーズを検証する・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

キヤノンEOS 6Dのニーズを検証する

キヤノンEOS 6Dが噂通り発表されたのですが。
キヤノンEOS 6Dのニーズを検証してみたいというか。
一体どの層に対して売りたいのだろうか?

まず7DはAPS-C最上位で、「連写」が売り
5D3はハイアマチュアのフルサイズと言う立場。

5D3と6Dの初値の価格差が32万と18万程度ということで14万の差。
一応6Dでフルサイズでの最軽量をうたっていますが、正直な所軽量が売りで買う層なんて元々のキヤノンユーザーで、1DXか5D3のサブ機として使うかもしれないというようなプロに近い層なので、売り文句の意味はイマイチ解らない。
フルサイズにステップアップしようとう言う層が重さは気にしないと思う。

さて、正直な所価格的には15万は切ってくるとは思うのですが。
個人的な感想で言えば
KISSや2桁D系からの買い替え候補がメインのニーズではないかと。
やはり7D使ってる人は重さ気にしない訳で。
7Dからの買いましや買い替えなら5D3。
Kissや2桁D系なら6Dも候補になる。
そんな所かなとか思うのです。

僕自身、キヤノンのデジタル一眼のなかで、スペックと時代を考えると5Dから5Dmk2は素晴らしかった時代だった。
今は明確なコンセプトが無いというか、価格だけ帳尻があってるけどという感じがしてならない。

やはり7D2で高感度を強くしての巻き返し。
3Dのようなラインでの高画素機。
キヤノンユーザーが期待しているのはそこなのではないでしょうか?