1DX・RAW現像ソフト・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

1DX・RAW現像ソフト

1DX・RAW現像ソフトに困っています。
5D2で愛用していたシルキーピックスが未対応、しかも写真管理ソフトのPicasaまで未対応と言う状態。(2012年・9月時点)

DPP(Digital Photo Professional)が対応しているものの使い慣れていないため困ったもんです。
シルキーピックスが対応するまでは我慢かな。

まあ撮ってみた感想として、ちゃんと設定をすればJpeg撮って出しで十分なんじゃないか?
折角の連写性能を活かすには撮って出しで。
やはりRAWで撮るカメラでも無いのかなみたいな。
やはり動き物専門のカメラで、スタジオカメラとは求められているものが違うと感じた。


と言うのも、ISO6400までは普通に使える感じ。
12800くらいになるとまああんまりつかいたくは無いものの状況次第では選択肢として常用範囲。
25600はノイズはキツイなとはおもうけど、撮れないよりはましなので使う可能性あり。
そんな感覚なので、失敗はかなり減るというか。
機能が上がったのに歩留まりが悪くなるはずもなく。
RAWの保険も前ほどは不要なのかなと。
動きモノを撮る場合もピントのちょいずれなんかも減るというか減って当たり前なので、暫くはJPEGの撮って出しかなと思っています。

ISO12800(リンク先に原寸大)CO7R3215


L版なら問題なしで、2Lでノイズ目立ってくるかなと言う感じですね。