これからデジイチを買う人へ(2012年夏版)・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

これからデジイチを買う人へ(2012年夏版)

これからデジイチを買う人へ(2012年夏版)
日進月歩の機械(デジタル)の世界と、牛歩の進歩の光学(レンズ)の世界。
これが現状のデジイチ(レンズ交換式カメラ)です。

ネオ一眼やコンパクトデジカメの世界でも驚くような光学性能のレンズの付いたカメラが発売され
特に2012年夏はパナソニックが頑張った感じがあります。
・LUMIX DMC-LX7はF1.4始まり35mm換算24-90mm
・DMC-FZ200は全域F2.8の25-600mm
スペックだけだとデジイチでも中々不可能なというか
DMC-LX7だと24mmF1.4
DMC-FZ200なら600mmF2.8
が実現してしまうのですから、凄いものです。

これからデジイチを買う人へ



またキヤノンもミラーレスを発表し
・一眼レフ
・ミラーレス
・ネオ一眼
・コンパクトデジカメ
大まかに分類するだけでも4種類。
これからカメラを買おうと言う場合でも大いに悩むことになりそうです。

ではこれからデジイチを買おう、もしくは検討中と言う方に何を考えていただきたいか。という話になります。
まず基本中の基本は
「自分の好きな色合いや持った時のワクワク感のあるカメラか?」
という物
次に
「自分好みの操作性かどうか?」
そして
「自分の利用方法やニーズに合ったカメラか」
という所になります。

まあ最初の3点は当たり前な話なのですが
やはり写真の色の出方は各メーカーやカメラでの処理エンジンで随分違いますのでまずここが重要。
操作性などはやはり慣れたメーカーの物が使いやすいなどがありますし、ニーズと言う部分では暗所で連写がどうしてもしたい人はそれなりにコストを掛ける必要がありますが、光の十分にある場所でじっくり撮る撮影スタイルであれば特に明るいレンズを必要としなかったりがあるので、自分のニーズに合わせた機材というのは重要項目になります。

そして、最初に書いた話に戻りますが
「レンズは資産」
自分の使いたいレンズがあるかどうか、これがデジイチを選ぶ基準になるかと思います。

ただレンズは1本がそれなりの値段がするので、予算との兼ね合いになるのがまた選ぶ際の難しさになるとは思いますが、最初にデジイチを買う場合であれば便利ズーム(倍率の高い)1本を買って自分の使いたい画角などを理解するのが良いかと思います。


ニコンでは
18-300mm(APS-C専用)の様なレンズも出ていますし、タムロンの18-270なども使いやすい倍率のレンズです。

※僕自身ミラーレスも使ってますが、今現在中々ミラーレスはどのメーカーでもレンズラインアップが薄いのが難点、先行したマイクロフォーサーズはそこそこレンズが出てきましたが撮影素子の小ささに難があったり。
マウントアダプターなどでレンズが使えたりもしますが結局小型と言う部分でのメリットを消してしまうことになるし。
ミラーレスに関しては、使いたい画角のレンズがジャストである方でない限りは一眼レフの方がレンズが揃ってるだけに良いかなと思っています。(2012年夏現在)