GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)

スナップカメラとしてPowerShot S90を使っていました。
特にスナップカメラとして不便では無かったのですが、嫁や子供が使って返してくれないなどという別の意味での不便があり。
僕専用のスナップカメラを検討。
拡張性のあるGXRにして、最初はGXR+S10 KIT(RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC)にしました。

GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)


GXR+S10 KIT

GXR+S10 KIT



最近はSONYのNEXやパナソニックのGF2、オリンパスのE-Pシリーズ。
レンズ交換式でも小型な物が流行。
逆にコンデジでも高画質なPowerShot S95やルミックスLX-5など。
どのゾーンを狙うか。
これが中々検討の際に難しくなっています。
もちろん全てを満たすとなれば(大きさは除く)、デジイチのフルサイズに大きなレンズに行き着くのですが。
あくまでもスナップカメラで高画質を期待となると、選択肢が多く悩みどころでした。
僕がGXRを選んだ理由ですが。
一応レンズ交換(GXRの場合ユニット交換ですが)が出来て拡張性があること。
GXRのユニットではAPS-Cの撮影素子を持つものもあること。
RICOHらしさのあるカメラだったこと。
などが決め手でした。

パッケージの箱もかなり無骨な感じ。

GXR+S10



比較的ボタン配置もCANONに似ているので、CANONユーザーには違和感の無い感じ。

GXR+S10



PowerShot S90と並べるとやはり一回り大きい。
コートのポケットなら入るのですが、ズボンなどのポケットには入らない大きさ。

GXR+S10



GXR+S10での作例(24mm・F2.5・ISO100)

GXR+S10

GXR+S10

GXR+S10



空の青の発色がリコーって感じ。


(24mm・F2.5・ISO1600)

GXR+S10 KIT

GXR+S10

GXR+S10

ISO1600にするとちょっとノイジーなので、800までが常用範囲かなという感じ。
S10の撮影素子だとGR DIGITAL3と同じCCD1/1.7なので、やはりAPS-Cの撮影素子の50mmか28mmは欲しいところ。
GR LENS A12 28mmにかなり魅力を感じていましてS10はマクロ1cmとマクロは使えるので、28mmを買いました。

GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)




追加したオプション

※自動開閉式レンズキャップ LC-2
▼新品特価商品【新品】RICOH(リコー)自動開閉式レンズキャップLC-2

やはりキャップの開け閉めの必要が無くなるのでかなり便利。

LC-2

LC-2



※リチャージャブルバッテリー DB-90

GXRの電池自体は持ちは良い方ですがやはり予備として。

◎リコー リチャージャブルバッテリー DB-90 《デジカメオンライン》

DB-90