iPhoneアプリのEveryTrailとGPicSyncでデジカメの写真にジオタグを付ける・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

iPhoneアプリのEveryTrailとGPicSyncでデジカメの写真にジオタグを付ける

iPhoneアプリのEveryTrailで写真も記録出来るのですが。
iPhoneの写真はあまり綺麗に撮れませんし、写真を撮っていると何しろ特に充電が持ちません。
と言う事で、デジイチなどでEveryTrailに写真を付ける方法をやってみました。


まず撮った写真にジオタグ(位置情報)を付けます。
まずEveryTrailで作ったログを吸い出します。
EveryTrailの吸い出したいマップの右下にある
「Download GPX for your GPS」
でGPXファイルとダウンロードします。(下の画像赤線枠部分)

EveryTrail



これでEveryTrailで記録した地図情報が吸い出せます。

そして次にGPicSyncというソフトを使って写真にジオタグ(地図情報)を埋め込みます。

GPicSyncダウンロードはこちらから

GPicSyncを開き
・一番上のPictures Folderで写真のフォルダを指定。
・次の「GPS.file」でEveryTrailからダウンロードしたGPXファイルを指定。
・日本ならUTCを「9」に指定。
そして「Synchronise!」をクリック。

GPicSync


これでフォルダ内のデジカメの写真にジオタグが付きます。


EveryTrailで活用する場合ですが。(僕はこの方法を使ってます)
EveryTrailで使いたい写真をPicasaにアップロードして使うのが使いやすいです。
EveryTrailの写真の容量が少ないこと。
Picasaにアップロードした写真にジオタグが付いていればマッピングする必要なくEveryTrailで使えること。
などが理由です。

iPhoneやアンドロイド携帯を持っていてEveryTrailをアプリで使えば、特にGPSロガーなどを買わなくても、写真と地図が連動出来ます。
iPhoneのGPSは比較的精度が高いのでログの精度は問題ありません。
ただ充電の持ちが悪くなるのが難点ですね。
iPhoneで写真まで使うと2時間程度…
予備電池を使うなど充電問題がクリア出来ると本格的に活用出来そうです。




フローチャート
1、EveryTrailアプリでGPSをログする。
2、ログが終了したらEveryTrailアプリからサイトにUPする。
3、ジオタグを付けたい写真を任意のフォルダだを作りその中に入れる。
4、GPicSyncで任意のフォルダの写真全部にジオタグを付ける。
5、picasa(ソフト)を開き、任意のフォルダごとpicasaサイトにUPする(この際フォルダを新規に作ると便利)
6、EveryTrail(サイト)で、picasaサイトのジオタグを付けたフォルダの写真をすべてEdit pictures and videosで関連付ける。