防湿庫レビュー(東洋リビング・オートクリーンドライED-165CDB)・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

防湿庫レビュー(東洋リビング・オートクリーンドライED-165CDB)

★《直送》東洋リビング ED-165CDB 【代引不可】


カメラ機材が多くなってくると管理する場所にも困りますし、また財産とも言えるレンズにカビが付いてしまっては困りますので、防湿庫を導入してみても良いかと思います。

私の場合、「東洋リビング・オートクリーンドライED-165CDB」
結構大き目のサイズにしました。
結論として言うと、大きめで大正解。
カメラ以外の電化製品も仕舞って置けますし、高さも丁度良かったです。

防湿庫・ED-165CDB



高さは120cmなので、身長170cmの私の胸の位置よりちょっと下程度。
何か作業するのも丁度良い高さです。
サービスコンセントが付いているので、防湿庫の上で充電などの作業も出来ます。
これが中々便利です。

防湿庫・ED-165CDB



流石に164リットルの収納力があるので、余裕があります。

防湿庫・ED-165CDB



格段引き出せるようになっているので、奥の物を取り出す際にも便利です。
レンズホルダーは4つに仕切られており、長めのレンズだと1本、短めだと2本並べて入れられます。

防湿庫・ED-165CDB



一つの棚に、5Dmk2(100mmL2.8マクロ付き)を入れたところ。
大体1段でデジイチが2台は入る大きさがあります。

防湿庫・ED-165CDB



楽天などの値段を見ても、大きめを買っても小さ目を買っても1万円位の値段差が無いので、場所に無理さえなければ大き目のサイズが良いかと思います。


★《直送》東洋リビング ED-165CDB 【代引不可】