三脚の選び方・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

三脚の選び方

三脚の選び方も中々難しく、使い道や機材に応じて三脚も選び方が変わります。
確かに5kg以上に対応できる三脚を買ってしまえば、多少全般を網羅出来るかもしれませんが。
低い体勢でのマクロなどであれば、別途ミニ三脚が必要になるでしょうし。
全ての撮影を網羅出来る三脚と言うのはありません。
また、総じて重量を支えられる三脚ほど重さが出ますので、荷物になると言う側面があります。


僕が色々考えた上で使っているのが、Velbon ULTRA LUXi Lです。

◎15,000円以上で送料無料!Velbon ULTRA LUXi L

僕の使い方として、左程望遠レンズは使わない。
基本的にISレンズ(手振れ防止)を主で買っているので、三脚は勝負撮影の時のみ。
です。

Velbon ULTRA LUXi Lの特徴として
・2Kgまで対応
・雲台分離可能
・軽量(1320g)
・足を開いてローポジション対応
値段と機能で考えるとリーズナブルな三脚と言えますし。
また、僕としては現状これで十分と言う感じです。
X3に「EF70-200mm F4L IS USM」を付けても総重量は1.2kg程度ですし、2kg以上の撮影機器での撮影の方が少ないシチュエーションです。

コンパクトにまとまるので、持ち運びも便利。
付属のバッグもちょうど良い大きさです。

三脚の選び方

三脚の選び方


回転式で足を伸ばすのは最初慣れが必要です。

三脚の選び方


僕の場合、自宅ではミニ三脚使用が多く、外出時に三脚なので。
雲台は自由雲台に付け替えました。(上の写真は、元々の3ウェイ雲台)
自由雲台はボールが小さい物は不安なので、比較的ボールも大きく5kgまで対応の物にしました。)

3ウェイ雲台も安定感は良いのですが、自由雲台のほうがコンパクトになる事と撮影の際の動きの自由度があるので、通常は自由雲台にしています。
ただ時と場合によっては、3ウェイも活用しています。
これは好みもあるでしょうが、その時の撮影シチュエーションで使い分けても良いと思います。

三脚の選び方


Velbon ULTRA LUXi Lに「X3とEF70-200mm F4L IS USM」を付けて立ててみるとこの様な感じ。
三脚として不安はありません。

IMG_1054


エントリーモデル(Kiss)で使うには十分。
リーズナブルで良い三脚です。

◎15,000円以上で送料無料!Velbon ULTRA LUXi L





追記

5Dmk2を購入した事で、若干2kgまでと言うのが不安もあったので。
スリック カーボン814 EX を購入しました。

丁度メーカーが最終在庫処分だったので、2万円強で買えたのはラッキーでした。

現在はカーボン724EXが後継モデルの様です。

【送料無料】ケンコー スリック カーボン4段三脚 カーボン724EX クイックシュー付3WAY雲台 [460...


三脚の選び方

三脚の選び方


カーボンなのでそこまで重くは無いのですがVelbon ULTRA LUXi Lよりもちろん重量はあります。
搭載機材の最大重量5kg以内なので、安定感は流石に違います。

大は小を兼ねると考えればこちらだけを買えば良かったかなとか思いますが。
荷物の総重量が多い時には少しでも軽いVelbon ULTRA LUXiを選択することもあるので。(700g重さが違うので)
軽めの搭載機材の最大重量2kgを1本と、重いけど5kg対応を1本の計2本の今の体制は悪くないのかな?
とか感じています。