デジイチ比較・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

デジイチ比較

デジイチを比較する際、まず最初にメーカー比較になると思います。

よく言われるのは、キヤノン・ニコンはレンズが揃っている。
確かに揃っていますが、レンズを買い増ししない人にとってはこれは重要な事ではありません。
まず、レンズを買い増ししそうかどうか?
買い増ししそうなら、キヤノンかニコンを選んでください。


現在各メーカー「エントリーモデル」に力を入れています。
レンズの互換性と言うデジイチの要素として、最初に手にしたメーカーの物を使い続ける傾向があるからです。
もちろん、新規デジイチユーザーの囲い込みが将来の顧客確保になる(レンズと言う財産がありますので)と言う戦略上、力を入れているわけです。
キヤノン・ニコンはレンズと言う財産がある為、比較的他メーカーよりエントリーモデルの値段は高めになっています。
そこを踏まえて、どのメーカーを選ぶか?
を考えてください。


デジイチ比較



僕は、キヤノンを選びました。
これには一つ大きな要因があります。
デジイチでレンズに凝ると、やはり単焦点。
この様に最初思っていました。(現在も変わっていません)
初心者でまだデジイチに触れていない僕が果たして
「自分が本当に単焦点の世界に入るのか?(興味を持つのか?)」
と言うことでした。
知り合いのカメラを触らせてもらったり、カメラ屋で手にしてみたりはしてみても。
実際自分が使ってみないと解らなかったです。

この際キヤノンに他社より良い点として、「EF50mm F1.8 II」と言う、使い勝手の比較的良い焦点距離でしかも実売価格1万円を切る単焦点レンズがあるのです。

他社では、どんな単焦点(サードパーティー製を含め)でも、3万円ほどはします。
この2万円と言う価格差は、単焦点を含んだ際の初期投資額として考えると、キヤノンが一番リーズナブルだったのです。
さらに、キヤノンはレンズは豊富ですし、またレンズの口コミなども沢山あるので、将来的にレンズを買い揃えるかもしれないと言う、僕のニーズにも合っていました。

単焦点に興味が出るか出ないか?
この部分で、キヤノンを選んだと言って過言ではありません。

実際僕は、その後35mmの単焦点を買い増ししています。(50mmだと気持ちちょっと長い感じだったので)また、これからも予算があれば色々買い増したいとも思っています。


もちろん、デジイチを触ってみて自分のフィーリングに合ったものが一番良いと思います。
ただ、この様な考え方でメーカーを選んだと言う事も参考にしていただければと思います。