焦点距離(広角・望遠)について・デジイチ比較レビュー

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph |Facebook| Add to Yahoo! bookmark

焦点距離(広角・望遠)について

広角・望遠と言われても最初は解りにくいと思いますが、角度と写真になる面積の関係を理解することで、イメージが掴みやすくなります。

広角(mm表示の数字が小さい)とは、画角(撮れる横幅)が広い
望遠(mm表示の数字が大きい)とは、画角が狭い。

焦点距離(広角・望遠)について


図の赤い線が「広角」
青い線が「望遠」とイメージしてください。

図の1と2の線が、広角と望遠で撮れる範囲の違いになります。
ただし、写真になった際には1と2の幅は一緒になります。
3と4も同様の関係です。

1と2の関係について考えてみると。
例えば山並みを撮した場合。
1の広角では、幅広い山の全景が撮せます。
2の望遠では、山頂などに絞ったピンポイントの写真になります。

3と4の関係で言えば。
3の広角では、遊んでいる子供の全身の写真が撮れます。
4の望遠では、子供の顔の表情のアップが撮れます。

使う焦点距離によって、撮せる物の大きさは変わりますが。
広角と望遠の関係は「画角」と言う事が理解できれば、焦点距離の数字のイメージがしやすくなります。


(広角で撮った海の写真の1、2部分を望遠で撮った物が下の1、2の写真)

広角で撮った物(10mm)
焦点距離(広角・望遠)について


望遠1(250mm)
焦点距離(広角・望遠)について


望遠2(250mm)
焦点距離(広角・望遠)について

焦点距離(広角・望遠)について



撮影場所

より大きな地図で 撮影ポイント を表示