GPSロガー・ジオタグ・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

iPhoneアプリのEveryTrailとGPicSyncでデジカメの写真にジオタグを付ける

iPhoneアプリのEveryTrailで写真も記録出来るのですが。
iPhoneの写真はあまり綺麗に撮れませんし、写真を撮っていると何しろ特に充電が持ちません。
と言う事で、デジイチなどでEveryTrailに写真を付ける方法をやってみました。


まず撮った写真にジオタグ(位置情報)を付けます。
まずEveryTrailで作ったログを吸い出します。
EveryTrailの吸い出したいマップの右下にある
「Download GPX for your GPS」
でGPXファイルとダウンロードします。(下の画像赤線枠部分)

EveryTrail



これでEveryTrailで記録した地図情報が吸い出せます。

そして次にGPicSyncというソフトを使って写真にジオタグ(地図情報)を埋め込みます。

GPicSyncダウンロードはこちらから

GPicSyncを開き
・一番上のPictures Folderで写真のフォルダを指定。
・次の「GPS.file」でEveryTrailからダウンロードしたGPXファイルを指定。
・日本ならUTCを「9」に指定。
そして「Synchronise!」をクリック。

GPicSync


これでフォルダ内のデジカメの写真にジオタグが付きます。


EveryTrailで活用する場合ですが。(僕はこの方法を使ってます)
EveryTrailで使いたい写真をPicasaにアップロードして使うのが使いやすいです。
EveryTrailの写真の容量が少ないこと。
Picasaにアップロードした写真にジオタグが付いていればマッピングする必要なくEveryTrailで使えること。
などが理由です。

iPhoneやアンドロイド携帯を持っていてEveryTrailをアプリで使えば、特にGPSロガーなどを買わなくても、写真と地図が連動出来ます。
iPhoneのGPSは比較的精度が高いのでログの精度は問題ありません。
ただ充電の持ちが悪くなるのが難点ですね。
iPhoneで写真まで使うと2時間程度…
予備電池を使うなど充電問題がクリア出来ると本格的に活用出来そうです。




フローチャート
1、EveryTrailアプリでGPSをログする。
2、ログが終了したらEveryTrailアプリからサイトにUPする。
3、ジオタグを付けたい写真を任意のフォルダだを作りその中に入れる。
4、GPicSyncで任意のフォルダの写真全部にジオタグを付ける。
5、picasa(ソフト)を開き、任意のフォルダごとpicasaサイトにUPする(この際フォルダを新規に作ると便利)
6、EveryTrail(サイト)で、picasaサイトのジオタグを付けたフォルダの写真をすべてEdit pictures and videosで関連付ける。


EveryTrail(エブリートレイル)

EveryTrail(エブリートレイル)

http://www.everytrail.com/
iPhoneアプリなどでもお馴染みのEveryTrail。
GPS情報(kmlファイル)とジオタグの付いた写真(PicasaにUPしてあれば楽です)があれば、通常のデジカメの写真で旅行記が作れます。

GPS情報(GPS file)とジオタグは前の記事参照
http://deziiti.com/2010/03/gpsgoogle.html








公開非公開が選べますので、個人的なサイクリングメモなどとしても使えますし、サイトへの貼り付けコードもあるので、ブログなどでのアイテムとしても使える便利なサイトです。


GPSロガーでジオタグを写真に付けてgoogleマップで表示

GPSロガーでジオタグをEOS5Dmk2で撮った写真に付けてgoogleマップで表示してみました。

購入したGPSロガーは


[送料\399?] 自分が移動した軌跡を記録できる GPSデータロガー:宇宙キッズオリジナル UK-GPS ...



上海問屋さんで税込5,999 円
パソコンの設定等は販売ページに日本語マニュアルが置いてあり、それを見ることで簡単にセット出来ました。




大きさも小さく軽く持ち運ぶと言う前提で全く気にならない感じです。




さて、その後googleマップでルートと写真を表示するやり方。

こんな感じに出来ました。


より大きな地図で ディズニーランド を表示


・まず付属ソフトGosget Data Logger Downloader UtilityでGPSロガーに記憶されたデータをパソコンに吸い出します。
・続いてLocr GPS Photoと言う別の付属ソフトで写真にジオタグ(位置情報)を書きこみます。
・ジオタグの付いた写真をpicasaにアルバムを作ってアップロード。
http://picasaweb.google.com/aniki.niko/2010_03_15#
アルバムの右下の「googleearthで表示」を右クリックして「対象をファイルに保存」でKML ファイルを保存。
・ルートデータをgoogleearthで表示(この際線が黄色く細いので)プロパティ→スタイル・色で線の太さと色を変更してKML ファイルとして保存。
・googlemapsでマイマップを制作、上記のpicasaのKMLファイルとgoogleearthで編集したKMLファイルをインストールすれば出来上がり。

結構簡単に出来るので旅行好きの方にはかなりおすすめです。



今回買ったGPSロガーの感想
・位置情報は結構精度は高いと思います。
・進行速度なども記録出来るのでサイクリングなどにも面白そう。
・写真へジオタグを付ける際あんまり沢山の写真に付けようとするとソフトがフリーズ気味に。PCスペックはそれなりに必要。
・googlemapsに表示された際の時間情報がおかしい。しかしexif情報ではちゃんとした時間なので何が原因か不明。


[送料\399?] 自分が移動した軌跡を記録できる GPSデータロガー:宇宙キッズオリジナル UK-GPS ...

GPSロガー・ジオタグ・カテゴリ内記事
<<前のページへ  12