GPSロガー・ジオタグ・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

GPSレシーバー GP-E1・GP-E2

GPSレシーバー GP-E1・GP-E2

CO7R6308


6DにはGPSが付いてて、70Dにはついてない。
あれれ?という感じもしましたが。
1Dにも付いてないんですね。
個人的にネイチャーフォト系の人にはGPSは欲しい機能だと思うんですけど、報道系やスポーツ系の人には要らないのかな。
後はトラッキングログも欲しいので、ネイチャー系であればロガーはロガーで専門がいいってなるのかなと思ったり。

でも一応GPS機器とカメラの連動に関しては興味のある私。
GPSレシーバー GP-E1を購入しましたのでレビューでも。

正直な所、シンプルな機能かな。
受信感度も良くはない。
電池消耗考えると、長時間の使用は予備バッテリーとの相談になるのかというのと、ロガーはロガーで別で写真と後で時刻マッチングでも良いのかなと。
やはり変にカメラが出っ張るのはあまり良くない。

純正と言う安心感などもあるのかなというのはありますが。
京都旅行などの街中際のちょっとしてジオタグ付けにと言う感じで、がっつり山などに行くとかだと別のロガーが無難かなと感じましたね。

image1


写真を専用ソフトであければとジオタグのmapに表示されますので、どこで撮ったかの確認はできます。

747Proで写真にジオタグを付けてEveryTrailで旅と写真を保存する

747Proで写真にジオタグを付けてpicasaに写真をUPして、EveryTrailで旅と写真を保存しました。

完成した旅ログはこちら

EveryTrailもpicasaもPublicとPrivate設定が出来るので、公開したい旅も非公開で自分だけで保管したい写真や旅も自由に設定出来るのが便利です。


まず747Proの準備。
★送料無料 AGPA対応GPSロガー 747pro Transystem社製 国内技術基準適合証明取得済み


747Proのドライバと付属ソフトGPS Photo Taggerをインストール。
747ProとPCを接続して本体設定をします。
この際「Turn on Vibration Detecter」のチェックを外しておいたほうが良いです。
その他の設定は自分の好みで設定してください。

747Pro設定



747Proで旅のGPSをログします。(オレンジ色のゆっくりとした点滅になるとログ取得中ですので、スイッチをいれたら点滅するまで確認してください。)
ログしている時、写真も沢山撮ります。


旅と写真撮影が終わったら。
747Proに記録されているログをGPS Photo Taggerで吸い出します。
747ProをPCと接続させて(この際スイッチをNAVかLOGにして置かないとPCが認識しませんので注意)
GPS Photo Tagger起動→ファイル→ログの読み込み
でログを吸い出せます。
(もし必要ならこの際軌跡エディタで、軌跡を切断して削除したり軌跡を繋げたりします)
次にファイル→トラックの保存で、このGPSログを「GPXファイル」で書き出します。

EveryTrailで旅と写真



次にGPicSyncというソフトを使って写真にジオタグ(地図情報)を埋め込みます。
GPicSyncダウンロードはこちらから

GPicSyncを開き
・一番上のPictures Folderで写真のフォルダを指定。
・次の「GPS.file」でEveryTrailからダウンロードしたGPXファイルを指定。
・日本ならUTCを「9」に指定。
そして「Synchronise!」をクリック。

GPicSync


これでフォルダ内のデジカメの写真にジオタグが付きます。


ジオタグの付いた写真はPicasaにUPします。
UPしたい写真を任意のPicasaが認識してくれるフォルダにまとめます。
Picasa(ソフト)を起動。
フォルダの写真を纏めてPicasaウェブアルバムの新規フォルダを作ってUPします。

PicasaにUP



EveryTrail
http://www.everytrail.com/

EveryTrailにログイン。
Create Tripに入り
・A. Upload a GPS file
で、先ほど吸い出したGPXファイルを指定。
進んで行き
・Add Pictures and Videos
でPicasaを選択して、更に先ほどのフォルダを指定して使う写真にチェックを入れて進みます。

その他自分の必要事項などは随時訂正します。
そして完成です。

kmzファイルに書き出してgoogle earthで使うことも出来ます。

google earth


kmzファイルをダウンロード


完成した旅ログはこちらから







★送料無料 AGPA対応GPSロガー 747pro Transystem社製 国内技術基準適合証明取得済み




また「t2g」をと言うソフトを使うとこのようなページを作ることも出来ます。
http://deziiti.com/gps/11_3/11_3.htm

t2g
http://etgps.net/gps/t2g/

747Pro

747Pro(Transystem社トランシステム)を買いました。

楽天のアオイ楽天市場店で9,807円 (税込) 送料込でした。
★送料無料 AGPA対応GPSロガー 747pro Transystem社製 国内技術基準適合証明取得済み


以前買ったGPSロガーは電池式で電池交換が面倒だった事。
後、ちょっと調子が悪くなったこと(電池の持ちが悪くなった)
などで、買い替えを検討。
評判を見て747Proの充電の持ちが良いこと、受信感度も良さそうな事で747Pro(Transystem社)にしました。


箱と内容物はこのような感じ。
車で充電できるシガーソケットが付いています。

747Pro

747Pro



大きさはタバコと比較してみるとこのくらい。
そこまで大きくも無く、タバコと重さも同じくらいで軽いです。

747Pro



横のスイッチボタン。

横のスイッチボタン



蓋を開けて電池を入れます。
予備電池を増やす事も出来るので旅行などで長時間充電が出来ない環境でも対応できます。

電池



裏面は滑りにくい加工がしてありますので、車のフロントなどに乗せても少しは大丈夫。(信頼まで出来るほどの滑り止めでは無いです)

747Pro



使ってみた感じですが、かなり受信精度もよく、電池も長持ち。
付属ソフトGPS Photo TaggerでGPXファイルやKMZファイルに書き出せるので便利。(我が家の環境ではGPS Photo Taggerで写真フォルダを開くとソフトが落ちてしまうので、写真にジオタグを付ける場合はGPicSyncを使ってます。)
付属ソフトのGPS Photo Taggerがちょっとと言う感じですが、747Pro本体の出来は大満足です。


★送料無料 AGPA対応GPSロガー 747pro Transystem社製 国内技術基準適合証明取得済み


GPSロガー・ジオタグ・カテゴリ内記事
12