ディズニーランド・シーでデジタル一眼レフ・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

ディズニーリゾートに持って行くレンズ

最近ディズニーランドやディズニーシーでデジタル一眼レフを持っている人が物凄く多いです。
もちろん家族の写真を撮る為の方もいらっしゃいますが、パレードやショーなどのキャラクターなどを撮りたい方も多い様です。

歩く距離も結構あるディズニーリゾートですので、持って行くレンズは極力絞りたいところ。
三脚や一脚も使用禁止ですし、昼と夜・屋外と室内と撮影条件が物凄く違うのでレンズ選びは難しい所です。

ディズニーリゾートに持って行くレンズ

ディズニーリゾートに持って行くレンズ



昼の屋外であればどんなレンズを持って行っても大丈夫ですが。
困るのは「夜」と「室内」
基本的にディズニーリゾートの室内は、かなり狭い環境で被写体と近いケースが多いので
室内対策であれば
「広角の明るいレンズ」
室内の暗い場所だとフラッシュ無しだとF2.8でも対応出来ないので
通常使いのズームと交換レンズとして「広角の明るい単焦点」
を持って行くと良いです。



ディズニーリゾートに持って行くレンズ



パレードなどでは大きい対象被写体がかなり近くに来る場合も多いので、広角に強いレンズ構成で行くと便利です。

ディズニーリゾートに持って行くレンズ



夜も「広角の明るい単焦点」があれば近い被写体には対応出来ます。
ただ被写体が遠い場合を考えると、ISOをギリギリ上げても、70-200のF2.8の様な瀑重のレンズでないと対応が出来ません。
夜のショーやパレード(被写体が激しく動く)を綺麗に撮りたい場合は覚悟を決めて重いレンズか中望遠の明るい単焦点を持っていくしかありません。


ディズニーリゾートに持って行くレンズ



1、基本構成
便利ズームと広角の明るい単焦点
これで昼、室内、夜の広角は対応出来ます。
2、夜のショーやパレードを望遠
ここを撮りたい場合は2.8通しの望遠ズームか、明るい中望遠の単焦点を持って行く。

結論として
・普段使いの便利ズーム
・広角明るいレンズ
をベースに、もう1本望遠を追加するかどうか?
昼メインであれば追加なし。
夜メインであれば追加。
が良いです。

夜のディズニーランドのショーでのレンズ

ディズニーランドやディズニーシー。
他のテーマパーク・遊園地でもそうですが。
デジタル一眼レフを持っていく場合のレンズ選択に悩むところです。

極力荷物を軽くしたい所ですので、便利ズームが最初の選択になると思いますが。
次の選択肢としては、広角ズーム。
これはやはり狭い場所で広い画角を撮れるので、混雑した中でも被写体を捉えきれるという効果があると思います。

ただ、ディズニーランドの様に夜にイベント(暗い所)がある場合。
どうしてもズームだと明るさが足りずブレブレの写真になってしまう事があります。
夜のショーなどの場合2.8通しのレンズでも中々難しかったりします。


EF70-200mm F2.8L IS II USMでISO100で撮ってしまったら、被写体ブレを起こしてしまった例。

夜のディズニーランドのショーでのレンズ



EF85mm F1.2L II USMでF1.2/ISO1600

夜のディズニーランドのショーでのレンズ



夜のショーの場合、便利ズームや広角ズームの場合、相当高感度で撮影しても中々太刀打ち出来ません。
中々難しいのが、かといってレンズを沢山持って行きたい場所ではないので。
夜の撮影まで視野に入れるのであればズーム1本と、予備の明るいレンズ1本。
明るい日中の撮影だけであればズーム1本。
というのが良いのかなと思います。

ディズニーランド・シーでデジタル一眼レフ・カテゴリ内記事
1