GXR (リコー)・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC(GXRユニット)

RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VCを買いました。
撮れるユニットと言う感じより、写せるユニットと言う位置づけですが。
やはり光学で300mmまで望遠と言うのは強み。
70mmでは届かない場面で使いたいユニットです。


やはり箱はリコーらしいシンプル。

RICOH LENS P10・GXRユニット



レンズポーチは何故丸型なのでしょう?
GXRユニット用の四角を作って欲しい所です。

RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC(GXRユニット)



小型なので持ち運びには楽。
ユニットを色々付け変える事で別のカメラを色々持って行く感じになるのがGXRの魅力です。

RICOH LENS P10 28-300mm F3.5-5.6 VC(GXRユニット)


GXR GR LENS A12 28mm(リコー)

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)

リコー GR LENS A12 28mm F2.5【送料無料】


やはりGXRをスナップカメラとして利用したいと思った最大の理由はこのGXR GR LENS A12 28mmの登場。
最短撮影距離が20cmと言う所がちょっと長いかなという以外はかなり使いやすい感じ。
その分マクロはRICOH LENS S10 24-72mmが1cmマクロなので、この2つを組み合わせればスナップカメラとして最高という感じです。

リコーらしい?シンプルな外箱。

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)



GRレンズの表記。
一つ上のレンズという格付けです。

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)



正直な所、GXRもこのレンズユニットが本命だったんじゃないか?
やっとの登場にGXRのコンセプトが見えてきたと言う気もします。
更に言い方は悪いのですが、このレンズユニットの最大のライバルはGR DIGITAL IIIと言うリコーの自社製品なんじゃないか?
などと思ってしまいます。
先行で出ていたGR LENS A12 50mmはAFの遅さがネックでしたが、こちらは快適。
不便と感じるスピードではありません。(速いか?と言われれば速いまでは行かないと思いますが、このサイズのカメラであれば十分)
撮影素子がAPS-Cだけあって、表現力豊かなユニットです。

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)作例

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)作例

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)

GXR GR LENS A12 28mm(リコー)



GXR GR LENS A12 28mmだけでは無い機能なのですが。
GXRは置きピンのような設定ができたり。
連写機能ももそこそこ出来たり。
デジタル一眼レフのサブ機としてかなり面白く、GXR GR LENS A12 28mmの様なユニットではデジイチの写真を凌ぐ物も撮れるポテンシャルを秘めたカメラです。

リコー GR LENS A12 28mm F2.5【送料無料】




追加したオプション
レンズフード LH-1

レンズフード LH-1


LH-1を付けると少々レンズフィルター(プロテクター)ははめにくくなりますが、その分フィルターを付けたほうがフィルターもマッチしたり、キャップもはめやすくなりました。

レンズフード LH-1

レンズフード LH-1

レンズフード LH-1


GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)

スナップカメラとしてPowerShot S90を使っていました。
特にスナップカメラとして不便では無かったのですが、嫁や子供が使って返してくれないなどという別の意味での不便があり。
僕専用のスナップカメラを検討。
拡張性のあるGXRにして、最初はGXR+S10 KIT(RICOH LENS S10 24-72mm F2.5-4.4 VC)にしました。

GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)


GXR+S10 KIT

GXR+S10 KIT



最近はSONYのNEXやパナソニックのGF2、オリンパスのE-Pシリーズ。
レンズ交換式でも小型な物が流行。
逆にコンデジでも高画質なPowerShot S95やルミックスLX-5など。
どのゾーンを狙うか。
これが中々検討の際に難しくなっています。
もちろん全てを満たすとなれば(大きさは除く)、デジイチのフルサイズに大きなレンズに行き着くのですが。
あくまでもスナップカメラで高画質を期待となると、選択肢が多く悩みどころでした。
僕がGXRを選んだ理由ですが。
一応レンズ交換(GXRの場合ユニット交換ですが)が出来て拡張性があること。
GXRのユニットではAPS-Cの撮影素子を持つものもあること。
RICOHらしさのあるカメラだったこと。
などが決め手でした。

パッケージの箱もかなり無骨な感じ。

GXR+S10



比較的ボタン配置もCANONに似ているので、CANONユーザーには違和感の無い感じ。

GXR+S10



PowerShot S90と並べるとやはり一回り大きい。
コートのポケットなら入るのですが、ズボンなどのポケットには入らない大きさ。

GXR+S10



GXR+S10での作例(24mm・F2.5・ISO100)

GXR+S10

GXR+S10

GXR+S10



空の青の発色がリコーって感じ。


(24mm・F2.5・ISO1600)

GXR+S10 KIT

GXR+S10

GXR+S10

ISO1600にするとちょっとノイジーなので、800までが常用範囲かなという感じ。
S10の撮影素子だとGR DIGITAL3と同じCCD1/1.7なので、やはりAPS-Cの撮影素子の50mmか28mmは欲しいところ。
GR LENS A12 28mmにかなり魅力を感じていましてS10はマクロ1cmとマクロは使えるので、28mmを買いました。

GXR+S10 KIT(リコー・RICOH)




追加したオプション

※自動開閉式レンズキャップ LC-2
▼新品特価商品【新品】RICOH(リコー)自動開閉式レンズキャップLC-2

やはりキャップの開け閉めの必要が無くなるのでかなり便利。

LC-2

LC-2



※リチャージャブルバッテリー DB-90

GXRの電池自体は持ちは良い方ですがやはり予備として。

◎リコー リチャージャブルバッテリー DB-90 《デジカメオンライン》

DB-90


GXR (リコー)・カテゴリ内記事
1