SONY(ソニー)α[Eマウント]・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

NEX-7用カメラケース・ポーチ・バッグレビュー

ハクバ・トリコットスエードポーチL

やはり折角一眼レフより携帯性があるNEX-7なだけに、機能的なカメラケース・ポーチ・バッグを探したい所。
ただしカバンの中にそのままNEX-7を入れるのも不安。
そこで探したのがハクバ・トリコットスエードポーチL

NEX7用カメラケース・ポーチ・バッグレビュー


E18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200を付けて横向きに丁度良いサイズ。
そしてきゅっと縛ってあげれば簡単。

NEX7用カメラケース・ポーチ・バッグレビュー

ジャストフィットサイズでこの状態ならカバンに入れて持ち運びにも不安が減ります。

ハクバ・トリコットスエードポーチL



カバンも持たずにNEX7だけでお出かけ。
そんな場合のカバンを探して見つけたのが
オーディオテクニカ ビデオカメラバック ATV-701

NEX7用カメラケース・ポーチ・バッグレビュー



SEL18200を付けた状態で横向きに入れるとジャストサイズ。
サイドポケットもあるので、メディアなども入れておけるのが便利。

NEX-7用カメラケース・ポーチ・バッグレビュー


NEX-7とのお出かけに丁度のサイズです。

オーディオテクニカ ビデオカメラバック ATV-701

NEX-7レビュー

NEX-7購入しました。

NEX-7

NEX-7レビュー



NEX-7に魅力を感じたポイントとして
・このサイズでAPS-C
・2470万画素(総画素)/2430万画素(有効画素)
・ファインダー内蔵
・18-200のレンズ(27mmから300mm)
・トライダイヤルナビ


E18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200を付けてみるとこのような感じ。
携帯性は犠牲になりますが、デジタル一眼レフほどは大きくないので比較論として
APS-Cセンサーのカメラとしては携帯性はあるかと。

NEX-7レビュー



ファインダー内蔵。
ファインダーの見え方に関しては個人的感覚の差異があるので、実際に自分で見てみるのが良いかと思いますが、僕の感覚では明るい所では合格、暗いところだと少々割引ながら実際使用に耐える出来かと。
それより、動画の録画ボタンを間違って押しやすい位置なので、動画ボタンの無効化や、トライアルダイアルが比較的軽く動くのでもう少しトルク感があったほうがよかったかなと言う感じ。

NEX-7レビュー



簡単に色々な設定が変えられるダイヤルはかなり便利。
様々な設定が簡単に変えられるのはNEX-7の魅力

NEX-7レビュー



ストロボ内蔵。
個人的にはストロボは内蔵じゃなくてよかったかなと。
正直あんまり作りの良い感じではないです。

NEX-7レビュー



NEX-7


個人的な感覚では
電気屋さんがカメラ好きに提案したカメラ。
そんな感じです。

NEX-7作例(E18-200mm F3.5-6.3 OSS SEL18200)

NEX-7 ISO感度別の画質。
個人的には800までは常用、1600までは可。
3200を超えるとちょっと非常用かなと。

2L程度なら1600までも常用出来るとは思います。
中々の高感度耐性があるかと。


ISO100

ISO100



ISO800

ISO800



ISO1600

ISO1600



ISO3200

ISO3200



ISO6400

ISO6400



ISO12800

ISO12800



常用出来る800、ちょい非常用の1600、非常用の3200の比較。

ISO800

ISO800



ISO1600

ISO1600



ISO3200

ISO3200



SONY(ソニー)α[Eマウント]・カテゴリ内記事
<<前のページへ  123