記録メディア・デジイチ(デジタル一眼レフ)

デジイチ初心者・入門編。レンズの選び方・特徴。撮影モードなどなどを解説

TOP | RSS | ABOUT | Photograph | Facebook | Add to Yahoo! bookmark

Eye-Fi Explore X2

無線LAN搭載SDメモリーカード「Eye-Fi」に容量&速度アップの「X2」シリーズが登場。

ジオタグも付けられると言う事で、Eye-Fi Explore X2を購入しました。



Eye-Fi Connect X2
Eye-Fi Explore X2
Eye-Fi Pro X2と3種類。
容量や転送出来るファイルなどの違いがあります。
メーカーページで確認出来ます。

http://eyefi.co.jp/products/connectx2


Eye-Fi Explore X2

Eye-Fi Explore X2



基本的にPCにEye-Fiカードを入れてソフトをインストール。
今まではサイト上で管理していましたが、Eye-Fi Centerと言うソフトで管理するようになり便利になりました。

PCがEye-Fiカードを認識したら、接続ポイント(まずは通常の家庭内無線、そしてwi-fi環境など)を設定。
その後、PCでの保存ファイル、Flickrなどへのアップロード設定をします。

Eye-Fi Explore X2

Eye-Fi Explore X2



難しくない作業ですので、ひとつひとつ設定していけば大丈夫です。
大体この設定をしてしまえば終了。
Eye-Fiカードが設定したwi-fi環境と通信出来る状態で、メインPCの電源が入ってインターネットに繋がっていれば自動的にPCに写真が入ってきます。

使い勝手として
・8GBなのでRAW撮りを送るには容量として心許ない。
・FlickrやPicasaなどは非公開フォルダにUPの設定をしておかないと知らない間に公開してしまうので注意。
・ジオタグは結構精度良く、電源を付けてすぐに取った写真でもジオタグが付きますが、これはGPSを利用したものでなくSkyhookに対応したWi-Fiポイントから位置情報を取得しているのでジオタグ対応地域があまり広くはないです。
Skyhook対応地域確認はこちらのページより
http://www.skyhookwireless.com/howitworks/coverage.php


使ってみた良さは十分あるのですが、その人それぞれの通信環境や使用目的で利用方法は変わるアイテムです。
用途次第では超お薦めのメディアです。

■メーカー直営店■3週間返金保証!送料無料!Eye-Fi Explore X2(アイファイ エクスプロアX2)




iPadやiPhoneと組み合わせて使うには。
Eye-Fiの転送機能を利用して、撮った写真をiPadやiPhoneに送ってしまう事も出来ます。
Dropbox
https://www.dropbox.com/home
PCにdropboxソフト。
iPad、iPhoneにDropboxアプリをインストールしておきます。
Eye-Fiでの写真のアップロード先をdropbox内の任意のフォルダに指定。

Eye-Fi Explore X2



これだけで、Eye-Fiで撮った写真がiPhoneやiPadのDropboxアプリに入って行きますので出先でもiPhoneやiPadに通信環境があれば写真を見ることが出来ます。
ただ、dropboxの場合無料だと2GBなのであまり大量の写真を送ることはできません。
50GBで月$10$程度、100GBで月20$程度なので、大量の写真を送りたい場合はdropbox有料版にすると、かなりのストレージとして使えます。


■メーカー直営店■3週間返金保証!送料無料!Eye-Fi Explore X2(アイファイ エクスプロアX2)

EYE-FI(無線LAN内蔵SD型メモリカード)

EYE-FI(無線LAN内蔵SD型メモリカード)

EYE-FI(無線LAN内蔵SD型メモリカード)



本当にちょっとどう言う仕組みなのか(インターネット上のEye-Fiサーバを経由しているようですが)しかしかしながら、中々応用次第では活用出来る記録メディアがEYE-FIです。

5Dmk2はCF(コンパクトフラッシュ)なので使えませんが、X3では活用出来ますし、コンデジであれば大体が(SONYを除けば)SDカードですので、汎用性は高いです。

まず出来ること
・PCへの自動バックアップ
・自動でオンラインサービスへアップロード
要するに、EYE-FIがネットに繋がる環境で写真を撮れば自動でPCに転送(もちろんPCの電源が入ってネットに繋がっている必要はありますが)
様々なオンラインサービスへも自動転送されると言う事なのです。(任意の1個のサービスのみ)


利用できるオンラインサービスは2010/1現在

EYE-FI(無線LAN内蔵SD型メモリカード)


有力所の写真共有サイトやSNSが連携しており、かなりの使用可能性を感じさせます。


ところで、では僕の現在の利用方法など。
まず、PCでのローカルフォルダは
Dropbox
https://www.dropbox.com/
ローカルフォルダと言うか、ストレージサービスなのですが。
Dropboxフォルダにちゃんと転送してくれます。
この事で
・PCのHDD容量を使わずに一時保管出来る。
・外出時でもiPodTouchのDropboxアプリで管理確認出来る。(削除等)
これだけでも随分便利ですので、是非EYE-FIを使用したら、DropboxをDLフォルダに指定してください。


次にオンラインサービスに関して。
オンラインサービスには全て自動で送られるわけではありません。
写真に保存ロックをかけることで転送されます。
ですから、撮った写真がただただUPされると言う心配はありませんので、Flickrやフォト蔵などのサービスに指定しておくのも良いです。
またEvernoteやPicasaなどのサービスにも転送出来、EvernoteやPicasaはiPhoneアプリがあるので、
EYE-FIとiPhoneと言う組み合わせも中々活用出来ます。


利用するメリット
・自宅など無線環境がある場合、わざわざUPや転送作業をしなくてもUPされているので便利です。
・外出時はやはり無線環境が必要です、僕はPocket WiFi
http://review-diary.com/?p=104
を利用して、iPodTouchと連動させて使っていますが、中々楽しめます。
Flickrなどのサービスにリアルタイムで写真をUPして、仲間と共有出来ます。

個人的な感想としては
絶対的に必要な物では無いものの、様々な遊べる可能性を持ったアイテム。
と言う感じ。
容量8GB・11n対応の新Eye-Fi Pro X2
http://japanese.engadget.com/2010/01/05/eye-fi-pro-x2/
も発表され
PCやオンラインサービスに転送した画像・動画を自動的に削除して容量を確保する「エンドレスメモリー」機能が加わりました。またEye-Fiで撮影したデータに限らず、画像・動画を複数のオンラインサービスへ簡単に投稿できるPC用ソフト Eye-Fi Center

など、新しい機能も付いて来るようです。

活用次第では色々な可能性を持っているSDカードEYE-FI。
無線環境を持っている方なら、結構楽しめる記録メディアです。

記録メディア・カテゴリ内記事
1